頭皮の色透明感がありますか?

 「健康な頭皮は何色だと思いますか?」
 と聞かれたら、あなたは何と答えるでしょうか。合わせ鏡でもしない限りじぶんの頭皮の色をチェックすることはできません。そのため、頭皮の健康な色を知らないという人がほとんどではないでしょうか。

 

 頭皮はは顔とひと続きになっているため、 顔色がいいときと同様に「ちょっと赤味がさしている」あるいは「透明感のある薄ピンク色」などと答える人がいるかもしれません。

 

 ところが、これは誤りです。
 健康な頭皮の色は「青白く透明感がある」 のが正解です。健康な顔色と健康な頭皮の色は異なるのです。
 育毛剤などのコマーシャルで見ていると、白く毛根が太い頭皮のクローズアップが映ったりしますが、あの状態こそが理想的なんですね。

 

 その理由ははっきり解明されていませんが、青白く透明感があるときは、毛根部が活性化している状態と考えられます。
 毛細血管から十分に栄養をとり入れながら、髪の生がスムーズに行なわれ、デトックスが円滑にされているのです。
 逆に頭皮に赤味がかつたところや黒ずんだところがあれば、不純物を含んでおり、血行がうまく流れておらず、頭皮の中が滞留している状態といえるでしょう。
 育毛剤などを使用して、マッサージすると、一時的にほんのり赤みがかることがありますが、それがおさまると、透明に近い色に戻ります。

 

 有害ミネラルが排出されやすいように、頭皮の汚れをよく取り除き、血行をよくするためのシャンプーとマッサージから始めましょう。
 正しいスカルプケアを継続し、頭皮が健康になれば、頭皮の色にも透明感が出てきます。

 

 

頭皮の固さも、健康度を知る重要なポイント

 頭皮が「固すぎる」というのは、全体に血行が悪く、毛根に栄養が届きにくい状態。
 また、あまり知られていないことですが、頭皮が「柔らかすぎる」場合は、むくみなどがある状態と考えられます。柔らかすぎるのも健康ではないということですね。
 両手でマッサージする要領で頭皮に触れてみましょう。頭蓋骨に張り付くように固い感じがしたり、逆に軽く指が沈み込むほど柔らかければお手入れの見直しが必要です。
 頭皮は固すぎず、柔らかすぎないのが理想ですがそれでは、どうやって硬さの基準を見分けるのでしょうか?
 健康的な頭皮の目安がわからないと、「固い。柔らかい」の判断がしづらいものですね。ぜひ頭皮の健康な色を見分けると同時に理想的な硬さについても知っておいてください。

 

これが頭皮の硬さを図る基準

 @膝頭とほお骨
 自分の膝頭とほお骨に実際に触れ、頭皮に触れた感触と比較してみてください。
 頭皮の方が固いか、柔らかいか、同じくらいかで、固さの程度が判断できます。

 

 A上質な陶器の平らな面
 上質な陶器があれば手に取り、平らな面に触れた感触を記憶してください。特有のしっとり感、キメ細かさなどは、健康な頭皮と共通するところがあります。

 

 あなたの頭皮は適度なポリューム感がありますか?
 髪のシルエットを鏡で見たとき、以前に比べて、なんとなくペタンとつぶれた感じはありませんか?
 ボリュームが出しづらい人は、″頭髪密度″が少なくなっている可能性が高いでしょう。
 健全な頭皮では一つの毛穴から3?4本の毛が生えているため、互いに支えあって根元に自然な立ち上がりが生まれます。
 ところが、頭皮がいきいきとしていないと、毛根にエネルギーが不足し、髪のボリュームも失われます。その結果、髪の本数の割には髪が少なく見えるということもあります。
 頭髪密度の減少が認められたら、さつそく頭皮の畑を耕すためのシャンプーとマッサージを。